カゴ釣りで遠くに飛ばすには ! !

竿・・・・・・ 遠投用の3〜4号竿で5.3m位の腰の強い竿です
メーカー製の上質なもの、安い物ではガイドがダメです
反発力も弱いです、インナーロッドは手入れが大切です
リール・・・ どこのメーカーも大丈夫です、中大型スピニングリールでスプールに
傷のないもの、PEラインを巻く場合は下糸をきつく巻いておく
ドラッグはきつく締めておく、締めるのがゆるいと大怪我をします
「両軸リールはクラッシュするので慣れるのに大変です」
糸・・・・・・ ナイロンなら3〜4号で先糸を5〜6号、PEラインなら
0.8〜1.5号で先糸を3〜4号、とにかく細くて上質なもの
PEラインのテーパーラインが一番ですが値段も高いです
オークションだと4000円位です、
PEライン0.8号でキロオバーの魚もOK、糸選びは大切です
「両軸リールの糸選びは又別です」
ウキ・・・・・ 遠投用の風切りの良いもの、ウキの先にオモリの入った
8〜10号対応のもの、フラッター(バタバタ)しないもの
東和ウキは矢のように飛んでいきます
カゴ・・・・・ 風切りの良いロケットカゴ、東和カゴ、ワイヤーカゴなど
天秤が意外と空気抵抗が大きいのですが、天秤が短いと
ハリスがからまります、クッションゴムで代用する方法もあります
投げ方・・・ 投げ方は、基本的には投げ釣りの要領でいいのですが
竿先からカゴ(総重量の中心)までの糸のタラシの長さが
遠投に大きく影響します、竿の反発力、カゴの総重量(錘+餌)で
一番いい長さが変わってきますので、タラシの長さを研究してください
ピッシと風を切るように思い切って振り切ってください
以上の条件でひとつでも条件の良くないものを使っていればダメです
あまり飛びません、それにウキとめ糸も本当に細いものを使ってください
練習すれば80〜100m以上は飛ぶようになります
TOP